おもちゃのサブスクは便利だがデメリットもある

おもちゃのサブスクは月額使用料を支払うことで、定期的におもちゃが自宅に届く仕組みのことです。いろいろなサブスクがありますが子供向けの玩具を対象としたサービスです。対象年齢は提供先によって違いますが概ね0歳から6歳頃までで、様々なおもちゃの中から子供が気に入るものや子供に使って欲しいものを選ぶことができます。利用方法は簡単で利用したいサイトに必要情報を登録すると使いたいものが送られてくる仕組みです。

送料は無料、隔月で送られてくるのが一般的で気に入ったものがあれば継続して借りることもできます。サブスクを利用するメリットはいろいろありますが、まず月齢に合ったものを届けてもらえる点です。幼い子供が喜びそうなおもちゃがわからないという場合に便利ですし、保育士や幼稚園教諭など子どもの成長や発達に詳しい専門家が選んだ知育玩具もあります。こういったものは購入すると高額ですがサブスクなら月額料金内で借りることができます。

親にとっては片付ける場所に困らないというのもメリットです。返却すればいいので使わなくなっても保管スペースが必要ないです。また子供の好みを知ることもできます。自分で購入すると、子供がすぐに飽きてしまって無駄になったということが起きますがサブスクだと返却して終わりです。

兄弟姉妹がいる場合は月額料金内で共有できるのもメリットだといえます。ただし知っておきたいデメリットもあります。届くおもちゃは新品ではないこと、キャラクターものはないことです。また破損や紛失した場合は別途料金が発生することがあります。

おもちゃのサブスクのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です