0歳時もおもちゃサブスクは便利です

生まれて間もない0歳時の子供のことを思って、その時期に見合った適切なおもちゃや知育玩具を与えたいと考える親は非常に多く見られます。しかし一言で0歳児向けの玩具といっても数多くの種類のものがあり、どれを売れば良いのか分からなくなることも多々あります。万が一玩具選びを間違ってしまうと、せっかく購入したのにもかかわらず、全く興味を示さないこともあるでしょう。0歳児向けのおもちゃを選ぶポイントとしては、発育過程に合ったものを選ぶことが1番です。

適切な刺激を与えることにより、子供の運動機能や情緒の発達を促すともされています。月齢別にも発育過程の特徴や関心を示す玩具が異なります。0から2ヶ月ほどのときには、大人が音をならしてあげるものや知育玩具などが有効です。3から4ヶ月になると感情表現の幅が広がり、首が座り握力が強くなるので、子供自身が握る歯固めなども良いでしょう。

生後6ヶ月ではカラフルなものや音の鳴るタイプのもの、8ヶ月頃では自分自身で音を鳴らすものなども楽しいです。1歳間近になるとつかまり立ちやつたい歩きも始まり、子供自身が動かしたり、考えて遊ぶ積み木なども良いものです。発育過程には個人差があるものの、月齢にこだわるのではなく、発達段階に応じたものを与えることが重要です。おもちゃのサブスクでは、0歳頃の子供向けとして、基本的な体の動かし方を学べるものを選定してくれます。

なんとサブスクで選べるおもちゃは1600種類以上の中から一人ひとりの年齢や発達、リクエスト等に合わせて選定してもらえるので、ぜひともサブスクを利用したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です